質の高いサポートで
社員をサポート

管理本部

総務部 総務課

伊良 佳織

依頼に合わせて社内を駆け回ることも

総務課は会社全体に関わる仕事が多く、私は福利厚生に関する業務中心に担当しています。中でも従業員が加入する持株会や保険に関する業務は、大きなウェイトを占めています。持株会は社員が給与や賞与からお金を出しあって、OSAKIの株式を取得する制度です。具体的には、入退会の処理や購入した株の一部引き出し、新入社員を対象にした会員募集説明などを行なっています。

株価は刻々と変動するため、迅速な対応が必要です。しかしながら、手続きに間違いがあってはならず、常に慎重さをもって仕事を進めることを心掛けています。社員から質問を受けることもあり、株や経済の知識も身につきました。

総務の仕事は、デスクでパソコンに向かうだけでなく、社員からのさまざまな依頼に応じ社内を駆け回ることも多くあります。予定していた業務の合間に急な依頼が舞い込むこともありますが、臨機応変かつ柔軟に対応することを心掛けています。総務には会社と社員を支える役割があり、社員との信頼関係がとても大切だと思うからです。これまで仕事で培った経験や知識が活かされ、社員から感謝の言葉をいただけた時はやりがいを感じます。

会社のサポート体制でスキルアップ

第一衛生管理者の資格を取得した時には、奨励金や資格取得費用の補助がありました。他にも業務を行なう上で専門知識が必要な際は、社外セミナーに参加したり、関連書籍を購入してもらい、日々勉強しています。こうしたスキルアップをサポートする体制がしっかりしているのが、OSAKIの良いところだと感じています。今後も業務に関連する専門知識を増やし、より質の高い対応ができるよう努力していきたいです。

仕事と育児の両立

私は、子育てのために短時間勤務を利用しています。限られた時間の中で仕事をしなくてはならないため、効率よく仕事を進めることを心掛けています。子供の急な発熱などで休むこともあるので、急ぎの仕事は他の社員に対応してもらえるようにマニュアルを作成するなどの工夫をしています。サポートしてくれる先輩後輩にはいつも感謝しています。

育児休業の取得率が高いことがOSAKIに入社を決めた理由のひとつです。出産後もそのイメージは変わらず、子育てに理解のある社風のおかげで仕事と育児の両立ができていると感じています。

育児休業と短時間勤務制度

2015年4月から翌年5月まで産前産後休業・育児休業を取得し、現在は、子供が小学校を卒業するまで利用できる短時間勤務制度を利用し9時から16時までの勤務をしています。育休後の職場復帰前には上司との面談で働き方についてじっくり相談することができ、また、周囲の子育て経験のある社員からのアドバイスにも助けられています。