当社グループ研究開発部門の更なる連携を強化し、より一層のシナジー効果を実現するとともに、適切なパートナー企業、大学、研究機関との協業や社外への開発委託、外部リソース等、オープンイノベーションを積極的に活用し効率的な開発を進めてまいります。