未来へ向けて「イエナカ」サービスを提供

大崎電気の技術が快適な暮らしを実現する

 

新野 一樹

(技術開発)

石井 孝暢

(技術開発)

金田 安弘

(営業本部)

濱﨑 聖士

(技術開発)

*所属は開発時

ドアの外から内側「イエナカ」へ

近年、「IoT」という言葉がある。“Internet of Things” の略で「モノのインターネット」と表現され、あらゆる「モノ」がインターネットを介してつながる概念を現す。IoTにより、スマートメーターは電力会社と家庭をつなぐ「電力量計」から、社会と家庭をつなぐ「ハブ」として注目が高まっている。

「スマートメーターの『次』。いわゆるハブとしてのスマートメーターにどのようなビジネスチャンスがあるか。そのキーワードのひとつが『イエナカ』です」(金田)

これまで電力量計の多くは、各家庭の外壁など屋外に設置されてきた。しかし、「イエナカ」(家の中)にはどのようなビジネスがあるか。そこから挑戦は始まった。

とにかく走り出してみる。それも「挑戦」

home watch はスマホアプリから室内はもちろん、外出先からでも部屋の温度や湿度を確認できる。また、外出先からも家電製品を自由にコントロールできる。

生活の質(Quality of Life。以下、QOL)の向上を目的としたサービス。それが「home watch」だ。

しかしながら「どういう機器を使って何をするのか。最初はなかなか具体的なイメージが湧かなかったですね」と石井が話すように、プロジェクトは手探り状態から出発した。

「赤外線リモコンなど、構想に出てくる機器それぞれの技術は知っていましたが、それらを使い、どんなサービスができあがるのか楽しみでした」(濵﨑)

ユーザーにメリットを提供できる未来へ

金田を中心とした営業本部が営業活動から市場ニーズを分析し、フィードバックすることでサービスの全体像を「想像」してプロジェクトを牽引していく。それと同時に石井、新野、濵﨑ら技術開発本部は持てる技術を駆使することで「創造」し、サービス実現に向け突き進んでいった。

「多くのユーザーに受け入れられるサービスやユーザビリティとは何か。通信技術、アプリケーションの設計をはじめ、あらゆる角度から議論を重ねました」(新野)

「イエナカ」へと進出したOSAKIの新しい挑戦。これからも「ハブ」としての電力量計の新たな役割を模索していく。