コンパクトEM 接続方法

単独計器の電源・負荷側端子への接続は必ずM8ねじ用圧着端子または銅ブスバーをご使用ください。
また、発信パルス端子および通信端子への接続はM3.5ねじ用、M4ねじ用(変成器付)の圧着端子をお勧めします。

●適合圧着端子(例:ニチフ)

<単独計器>
30A、120Aの場合:

5.5-8、8-8、14-8、22-8、CB22-8S、38-8S、CB60-8

250Aの場合:
CB100-8、CB150-8※

※ CB150-8をご使用の場合、ロング端子カバーは取付できません。端子カバーと絶縁チューブ、またはテーピングにより絶縁を行ってください。

<変成器付計器>
絶縁被覆付き圧着端子:

TMEV1.25Y-4N、TMEV1.25Y-4S、TMEV1.25Y-4M、TMEV2Y-4N、TMEV2Y-4S、TMEV2Y-4、
TMEV1.25LY-4S、TMEV2LY-4S、TMEV1.25-4M、TMEV2-4S、TMEV2-4M

 

締付トルク
M8(30A、120A):5.0~ 7.0N・m(51.0~ 71.4kgf・cm)
M8(250A) :8.0~13.0N・m(81.6~132.6kgf・cm)
M3.5(発信端子):0.9~ 1.2N・m(9.2~ 12.2kgf・cm)
M4(/5A) :1.2~ 1.5N・m(12.2~ 15.3kgf・cm)