ハンドボール部 『OSAKI OSOL』

大崎電気工業は50年以上にわたりハンドボール競技の発展に貢献してきました。企業としてハンドボールチーム「OSAKI OSOL(オーソル)」を所有するなど、スポーツ振興に取り組んでいます。なお、OSAKI OSOLは1960年に日本初の実業団チームとして創部され、国内主要大会で10連覇を二度達成するなど、つねに日本ハンドボール界をリードし続けています。

大崎企業スポーツ事業研究助成財団
OSAKI SPORTS FOUNDATION

大崎電気工業は、企業スポーツの振興と育成を通じて、スポーツ産業の発展と振興に寄与することを目的とし、平成8年に本財団を設立しました。

本財団は、企業スポーツを対象とする助成活動、研究、調査、スポーツ交流のイベント企画・開催などを通じて、企業スポーツのより一層の発展、さらには日本のスポーツ人口の広がりや次世代の選手育成に貢献します。