OSAKIの歩み

1916年 (大正5年) 8月 弘業製作所として現在の本社所在地に創業
1937年 (昭和12年) 1月 株式会社に組織変更
営業種目 配電盤、分電盤、計器用変成器、自動電圧調整器等の製造販売
1941年 (昭和16年) 4月 大崎工業株式会社を吸収合併し、商号を大崎電気工業株式会社と改称
1948年 (昭和23年) 2月 東京都大田区に蒲田工場を新設
1949年 (昭和24年) 2月 蒲田工場にて電力量計の製造を開始
1954年 (昭和29年) 12月 蒲田工場にて電流制限器と配線用遮断器を製造
1962年 (昭和37年) 1月 東京証券取引所市場第二部上場
1963年 (昭和38年) 9月 埼玉県入間郡三芳村(現三芳町)に埼玉工場を新設、蒲田工場と五反田工場の三工場にて製造分担体制を整備
1968年 (昭和43年) 6月 スイス、ランディス・アンド・ギア社から最大需要電力計、タイムスイッチ、リップルコントロールに関する技術を導入
1974年 (昭和49年) 2月 岩手県岩手郡雫石町に岩手工場を新設し、漏電遮断器を製造
1978年 (昭和53年) 11月 本郷成型工業株式会社(埼玉県入間郡、現商号:大崎プラテック株式会社)を買収(現連結子会社)
1980年 (昭和55年) 5月 埼玉工場敷地内に変成器工場を増設、五反田工場を埼玉工場に移転統合し、合理化体制を強化
1980年 (昭和55年) 10月 東京証券取引所市場第一部上場
1987年 (昭和62年) 4月 岩手工場敷地内に岩手開発センター(現岩手ソフトウェアセンター)を設立
1987年 (昭和62年) 7月 埼玉工場敷地内に電子式電力量計等の工場を増設
1988年 (昭和63年) 10月 千葉県長生郡長柄町に千葉工場を新設、蒲田工場の生産機能を全面的に移転し、合理化と生産能力を増強
1990年 (平成2年) 4月 東京都品川区(埼玉県入間市に移転)に大崎エンジニアリング株式会社を設立(現連結子会社)
1990年 (平成2年) 12月 蒲田工場跡地にR&Dセンター・物流センターを新設
1991年 (平成3年) 10月 東京都品川区に大崎エステート株式会社を新設(現連結子会社)
1994年 (平成6年) 4月 光カプラの生産を開始
1995年 (平成7年) 1月 光カプラ等光通信関連機器の生産体制を確立
1996年 (平成8年) 3月 埼玉工場「ISO9002」認証取得
1997年 (平成9年) 4月 東京都品川区に大崎テクノサービス株式会社を設立(現連結子会社)
1999年 (平成11年) 2月 埼玉工場電力量計等の指定製造事業者の指定を受ける
1999年 (平成11年) 3月 岩手工場・千葉工場「ISO9001」認証取得
2000年 (平成12年) 7月 埼玉事業所(埼玉工場)に、技術開発、生産部門を集約
2000年 (平成12年) 8月 大崎電気システムズ株式会社(盤製品の販売部門と千葉工場を分社)、岩手大崎電気株式会社(岩手工場を分社)営業開始
2001年 (平成13年) 3月 埼玉事業所「ISO9001」認証取得
2002年 (平成14年) 2月 埼玉事業所「ISO14001」認証取得
2002年 (平成14年) 11月 アイトロンデータ・テック株式会社(東京都中央区(品川区に移転)、現商号:大崎データテック株式会社)を子会社とする(現連結子会社)
2007年 (平成19年) 2月 株式会社エネゲート(大阪市)を子会社とする(現連結子会社)
2012年 (平成24年) 2月 SMB UNITED PTE.LTD.(シンガポール)を子会社とする
(現商号:OSAKI United International Pte. Ltd.)
2017年 (平成29年) 3月 エネマネ事業「ISO27001」認証取得