エネルギー・データ・マネジメント・システム OSCAM MU-DM1

「運用改善」・「調達改善」・「設備改善」の3つがカギを握る

エネルギーをどのように使用しているかを把握し、日々の運用改善のネタ探しツールやその効果確認ツールとして利用します。

また、エネルギーの消費パターンが確認できるため、省エネ設備の導入や最適な料金メニューの選択などに利用できます。

●省エネダイエット
  30分毎のエネルギー使用量を把握できますので、最適な省エネ設備の導入や料金メニューの見直し、そして日々の省エネ改善活動に活用できます。

●省エネダイエットのリバウンド防止
  使用しているエネルギー量を監視し、設定した値を超えたら、電子メールでお知らせしますので、過去のエネルギー使用データからリバウンドした原因を見つけることができます。※別途メールサーバーが必要です。

本製品は、集中自動検針システムの機能もあります。標準的な検針機能のほか、時間帯別集計などの豊富な機能を持っています。
詳細については、集中自動検針システム OSCAM MU-DM1のページをご覧ください。

 

●最大2048点の中規模検針が可能 (一台あたり最大512点接続可能。合計4台まで接続できます)

●専用ソフトが不要で、使い慣れたパソコンで閲覧(Webブラウザ使用)

当社製通信機能付電力量計を使用した場合は、指示値やパルス定数などの初期設定が不要になりますので、ヒューマンエラーを削減することができます。

 

■ お問い合わせ・カタログダウンロード

この製品のお問い合わせ

カタログのダウンロード

FAXでのお問い合わせ 03-3443-0265

■ 関連機器

電子式電力量計(コンパクトEM)

電子式電力量計(埋め込み形)

発信装置付誘導形電力量計 (K9形発信装置付をお選びください)

多時間帯電子式電力量計

LonWorks®は、米国その他の国々でのEchelon Corporationの登録商標です。