IRポリシー

当社は、経営の透明性を高め公平性を保ち積極的かつタイムリーなIR活動を行うために、IRポリシーを制定いたしました。

IR活動の目的と基本姿勢

当社は、株主ならびに投資家の皆様に、当社について理解を深めていただくこと、様々な声を経営へ反映させ企業価値を向上させることをIR活動の目的といたしております。
基本姿勢といたしましては、株主ならびに投資家の皆様と長期的な信頼関係を構築し、当社を一層ご理解いただくために、正確で公正な情報を迅速に提供いたします。また市場ニーズに沿った積極的な情報開示の拡大に努めてまいります。

情報開示方法

原則情報開示は、東京証券取引所の適時開示情報システム(TDnet)にて行います。また公開された情報の当ホームページへの掲載は「適時開示情報閲覧サービス」への掲載確認後速やかに掲載いたします。

将来見通し

当社は、四半期ごとに決算関連情報の開示を行うことにより、皆様の便宜を図ることを心掛けてまいります。当社が発表する業績予想などの将来見通しに関するものは、発表時点において入手可能な情報に基づき作成したものであり、実際の業績は、今後様々な要因によって予想数値と異なる場合があります。
また当社は、第三者による当社業績予想を支持することはいたしません。

クワイエット・ピリオド(IR自粛期間)

当社は各決算発表日から遡る1ヶ月間をクワイエット・ピリオド(IR自粛期間)と定めてIR活動を自粛させていただいております。当該期間中は、株価に影響を与えるような情報の漏洩を防ぐため、決算内容に関するコメントや質問にお答えすることを差し控えさせていただきます。また当該期間中は、個別ミーティングや各種セミナー等の開催、参加はいたしません。
ただし当該期間中に判明した業績予想と既に発表した予想に乖離する見込みが生じた場合には、適宜情報開示を行います。